【超大事】給与になくてボーナスにあるもの!家とか車を持っている人は特に知っておいたほうが良いです!

どうも!ひかるです!

6月、7月と言えば半年に一度の
大イベント

『夏のボーナス』

雇用されている身なら
誰しもが今年はいくらかな?

と期待し心躍らせますよね(笑)

実は経営の視点から見ても
”ボーナス”って本当良いことが
たくさんあって

1.普段の給与とは別で支給され
目に見えるご褒美として
社員のやる気を引き出せる。

2.成果によって変動するので
結果を残しボーナス額を増やそうと
社員のモチベーションを上げられる。

3.0円にしても労働基準法に違反しない。

③は特に大きな買い物やローンを
ボーナス払いにしている人は
死活問題になりかねないので
頭に入れておいたほうが良いですよ(*_*;

比較のために言っておくと
給与には減額の限度が
労働基準法91条で
このように定められています。

「一回の減額が平均賃金の1日分の
半額を超えてはならない」

「総額が一賃金支払い期における
賃金の10分の1を超えてはならない」

これだけだと分かりにくいので
例えるなら

月給30万円の人なら
1か月あたりの減額は3万円が限度。

年間で36万円の減額が限界です。

それに対してボーナスであれば
法律上はいくらでも減らせます。

ボーナスカット!

なので実験データの偽装とか、
周りを巻き込む爆発事故(アパマ〇ショップ)
だとかが自分とは直接関係しないところで
起きて会社の業績が急激に悪化しても

給与は対して減額できないけど
ボーナスならいくらでも減額できて
経営の修正がしやすいのです。

月給30万円貰っている人の
年間賞与が4ヶ月分なら合法的に
年間で120万円減らせる
ってことですからね・・・

◇まとめ

良くも悪くも経営がダイレクトに
影響するのがボーナスで
いくらでも増額もできるし
いくらでも減額もできる。

社員のモチベーションも上げられるし
いざとなれば0円にすることも可能な

スーパースターが

”ボーナス”なのです!

給与は対して上がらないけど
ボーナスは増えた!

給与は対したことないけど
ボーナスはたくさん出る!

一年間に支払う給料(年収)の内訳は

いざという時に減額しやすいボーナスの割合を
高めるのは経営としては正解です!

ボーナス払いしている方は
その辺を理解したうえで
ご利用は計画的に。

コメント