成長≠奇抜なこと、成長=当たり前の累積

こんばんは!ひかるです!

今日は山形からお送りしておりますw

今でこそ、ドライブ行くような

ノリで日本縦断とかし始めるくらいの

選択の自由と収入があるわけですが

わたしは財閥の御曹司でもなければ

大企業の経営者の家系でもないです。

地元企業の社員同士の間に

生まれた一般家庭の長男ですw

そんな私が今のように成長できたのは

とにかく『行動』

これしかありません。

「自慢話したいだけかよ」

と思った人はここで読むのを

辞めてもらって構いません。

ただ!

巷でよく聞く

「とりあえずやってみる」

「トライ&エラー」

「即断即決即行動」

「試行と調整」

この手の言葉がなぜ

成功者が皆々に言うのか

どうして大事なのか

私が55万円を生贄にささげた末に

物販に行き着き

辿りついた答えを教えたいと思います。

※物販コンサルが

55万円だったわけじゃないです。

55万円の話は需要があればお話ししますw

では本題に入りますね!

さきほど上げた

巷でよく聞く言葉に共通するのは

みなさんお分かりだとは思いますが

そうです。

行動する以外に稼ぐ方法はない

ってことですね。

それくらいは皆さんなら

感覚的に分かると思うのですが

行動することって

イメージとしては

RPGでのセーブと同じで

ポケモンでも、ドラクエでも

キングダムハーツでも良いんですけど

セーブしないで閉じたら

また最初からじゃないですか。

それじゃいつまで経っても進みませんよね。

だからセーブしてそれまでに進んだ場所から

再スタートして

ちょっとずつ進んでいくようにしますよね。

ビジネスも同じで

見るだけ
聞くだけ
考えるだけ

これじゃ進んでもセーブできません。

なぜならインプットだから。

インプットはアウトプットして

初めて記憶に定着します。

それが人間の性質です。

例えば

あの子好きだったなという記憶より

あの子に告白したな

という記憶の方が覚えてませんか?

私は好きになった人数は分かりませんが

告白した人数なら答えられます。

7人ですw

そして行動すれば

良い点、悪い点という結果が出ます。

それを改善していく。

次回に活かす。

ジムリーダーを倒せなかったら

レベル上げしてまた挑むように。

そしてまた行動して改善結果を記憶して

そしてまた行動して…∞

これが行動することの意味だと思います。

「記憶と改善」です。

物販をきっかけにこの意味に行き着いたのは

物販関係者と出会っていく中で

知っているノウハウに差はないし

物販歴も大して変わらない。

けど、収益には差がある。

なんでだろと思ったら

全然取り組んでませんでした。

答えはシンプルですが

それが現実です。

難しくもありません。

ちなみに

行動と言っても色々な形があります。

例えば

FXならデモトレードしてみるとか

答えを知ってそうな人に
メッセージ送ってみるとか

コンサル受けてみるとか

稼いでる人の行動や思考を
丸パクリするとか

等々

お金をかける行動

お金をかけない行動

なにかしらあるはずです。

ネットがこれだけ普及して

情報はたくさんあります。

調べればヒントくらいあります。

ネットの情報だけを鵜呑みにするのは

お勧めできませんが。

それでも行動せず

時間をただ浪費するよりは

いくらかマシだと思います。

本日はこの辺で!

ありがとうございました!

コメント