物販が飽和して稼げなくなることはないのか?

こんばんは!ひかるです。

物販は手堅く稼げそうだけど

いまから始めても既に市場が飽和していて

稼げないのではないだろうか?

と思っている方に向けて

今日は書いていこうと思います!

結論から言えば飽和する可能性は

極めて低いと言えます。

少なくとも私の物販事業の分野での

飽和は現状まず起こりえません💡

理由は仕入れる商品の種類と仕入れ先

そしてそれに特化した手法があるからです!

まず仕入れる商品で最も割合が高いのは

「廃盤品か型落ち品」です。

当たり前ですが、日々新しい商品が発売されるので

それに伴い廃盤品や型落ち品というものが

生まれます。

そしてそれは仕入れ在庫に限りがあるので

必ずどこかのタイミングで仕入れられなくなります。

まあ廃盤品なんだから当たり前ですよね(笑)

つまり稼ぎ続けるためには新たに廃盤品や型落ち品を

リサーチする必要があります💡

すると何が起きるかと言うと、

リサーチという労働作業をした者しか

稼ぐことができません。

このリサーチ作業ははっきり言って地道です🤢

中途半端に独学でかじった程度なら

間違いなく途中で辞めてしまうほどに。

なのでそれくらい地道な作業だと

理解している者にしか続けられいので

参入者が増えすぎることがないです😜

それでも私がコーチングし続けたら

いつかその市場も飽和するだろうと思うでしょうが

遅くても夏までには物販のコーチング業からは

撤退するのでそんな飽和するほど人は増えません😃

私からコーチングを受けた人が

同じようにコーチングしたら

いつかは飽和するかもしれませんが

そう思うならさっさと始めて稼ぎきって

物販を派生させたり他のビジネスへの

足掛かりにするなりいくらでも

やり方はあるかと思います。

次に仕入れ先についてですが、

店舗仕入れだけでも家電量販店や

ディスカウントショップ、ホームセンターなど

仕入れ先は何十種類とあります。

支店ごとに仕入れられる商品は異なりますし

同じ店舗でも地域が違うだけで仕入れられる商品は

変わります。

これだけ仕入れ先が多ければ一極集中することは

起きず、仕入れ商品が偏ることもないので

十分に販売できるだけの市場を確保できます。

最後に手法については

先ほどもお伝えした通り、リサーチ作業は地道では

ありますが、それを効率的に行う方法は存在します。

例えば廃盤品にだけある値札の特徴とか

廃盤品が陳列されやすい場所とか

廃盤品の在庫状況の調べ方とか

まあ、他にも色々ありますw

ざっとこんな感じではありますが

現状、私の物販事業が飽和することはない

という見解です。

本日はこの辺で!

ありがとうございました。

コメント